• ホーム
  • 女性と関わりの深い低用量ピルの効果には個人差がある

女性と関わりの深い低用量ピルの効果には個人差がある

嬉しく笑う女性

低用量ピルは、とても助かる存在の薬であり、避妊のための一面を持つだけでなく、子宮内膜症、月経困難症、更年期障害などといった、女性の生殖器ととても関わりのあるものです。
また女性ホルモンとの関係がとても深く、たとえば月経困難症であれば、辛い生理の痛み、吐き気や腰の痛みや頭痛などを、治すために、女性ホルモンをうまくバランスを低用量ピルで整える目的などで、産婦人科の先生から、低用量ピルが処方されることがあります。
また、仕事などをしていても、更年期障害で辛い、イライラしてしまう、汗がやたらに出てしまうといった、更年期障害独特の悩みを持つ女性にも、使用がされるものであり、女性と深くかかわりあいのある薬となっています。

口コミでは、このような低用量ピルを使った後、つらかった生理痛の痛み、月経困難症が改善されたという口コミもあれば、逆に、体の体質に合わなかったため、低用量ピルを使った事後に、具合が悪くなってしまったという口コミもあります。
どうしても個人差や体質による差があるため、低用量ピルを服用後に具合がよくなったり、悪くなったりする人がいるのは、仕方のないことです。

ただ、上記のように、低用量ピルを使い、治ったという人のケースもあるため、どうしても月経困難症が辛い、吐き気や便秘、下痢、頭痛などやイライラ感、憂鬱な気持ちが毎月、毎月と生理の度におとずれてしまうようなら、一度産婦人科を訪れて、検査や問診を行ってもらった方がよいです。
その場合、意外にも、子宮内膜症などの病気が見つかることがあり、酷い生理痛の原因が分かり、また、場合によっては低用量ピルで治すことなどもできるからです。

サイト内検索
人気記事一覧