• ホーム
  • 低容量ピルのメリットは避妊効果だけじゃない

低容量ピルのメリットは避妊効果だけじゃない

笑顔の女性

低用量ピルはその錠内にエストロゲンとプロゲステロンに類似したホルモンを含んでいるため、それを毎日一定の時間に服用する事によって脳下垂体を妊娠状態であると認識させることが可能になります。
脳下垂体が認識状態であると認識をすると排卵を起こす際に分泌される黄体化ホルモンが抑制されるため、卵巣からの排卵が停止された状態を起こします。
そのため、排卵を停止させ妊娠を防ぐ事ができることから低用量ピルは一般的には妊娠を防ぐための避妊薬として使われていますが、妊娠を防ぐ目的以外にも使用される事があります。
例えば、重い生理痛や、生理前のイライラした状態(PMS)を緩和する効果もあります。
低用量ピルを服用すると、排卵が起こらなくなるため、生理時に起こる生理痛やその出血量が少なくなります。
そのため、重い生理痛やPMSの症状に悩まされている女性に処方される事がよくあります。

また、低用量ピルは毎日一定の時間に服用する事によって生理の周期を安定させることが可能になることから、生理不順に悩む女性や生理の日にちをずらしたい場合にも多く使用されています。
そして、最近では肌荒れやニキビ治療にも低用量ピルが使用されるようになりました。
それは、低用量ピルの中に含まれるホルモンの働きによって体内のホルモンバランスを保つことができるためです。
女性の場合、生理前になると体内のホルモンバランスが崩れてしまう事から肌荒れやニキビを起こしやすくなってしまいます。
そのため、ホルモンバランスを保つといった意味でも低用量ピルを使用する事が多くあります。

これらのように、低用量ピルにはさまざまなメリットがあるため今では避妊を目的としない場合にも多くの女性たちに服用されています。